レーシックの再手術について

レーシック手術の人気眼科

レーシック手術後に視力が再度低下したり、思ったように回復しなかった場合は再手術を受けることになります。

レーシック手術TOP > 再手術

再手術の可能性も考慮しよう

レーシックは基本的に、1回手術するだけで低下した視力を回復させることができますが、人によっては再手術となる可能性があります。

再手術が必要となる主なケースとしては、1回の手術で思ったように視力が回復しなかった場合や、一度は回復したものの、再び視力が低下してしまった場合などが挙げられます。

これらの症状は手術後から3年以内に起こることが多いので、多くのクリニックでは術後1~3年まで適用される保証制度がもうけられています。

保証制度の期間内における再手術は無料なので、レーシック手術を検討する際は、なるべく保証期間の長いクリニックを選ぶのがおすすめです。

レーシックの再手術は、医師が必要と認めた場合、最初の手術から3ヶ月以上経過した後に行われます。

ただ、レーシックは角膜を削ってフラップを作成するため、角膜の厚さが十分でない場合、再手術を受けられない場合があります。

その場合は手術前同様、メガネやコンタクトで矯正しなければならないため、手術する意味があまりなくなってしまいます。

そのため、適応検査で角膜が薄いと診断された場合は、再手術の可能性も考慮し、医師とよく相談してみることをおすすめします。

特に近視の度合いが強い場合は、手術後も近視が残ってしまう可能性があるので要注意です。

品川近視クリニック 公式HP

大好評!最大90000円の特典ありレーシック 。安心65万症例以上。
www.shinagawa-lasik.com

公式/SBC新宿近視クリニック

レーシック治療で失敗しない3つのコツ。 再手術無料保障
www.jpal.com

神奈川アイクリニック 公式

目の状態やライフスタイルに合った 安全なレーシックを安心価格で。
www.kanacli.net

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) レーシック手術ガイド※100以上の評判から失敗を避ける! All Rights Reserved.