老眼・乱視はレーシック可能?

レーシック手術の人気眼科

乱視は通常のレーシックでも矯正可能ですが、老眼は専用のレーシック手術を受ける必要があります。

レーシック手術TOP > 老眼と乱視

老眼・乱視もレーシックできる?

レーシックは近視を矯正する手術法として有名ですが、乱視老眼の場合も矯正することは可能なのでしょうか?

日本の場合、乱視や老眼に比べて近視人口が圧倒的に多いため、レーシックによる乱視・老眼の矯正はほとんど耳にすることはありません。

しかし、実際には症例数が少ないだけで、乱視や老眼の場合でもレーシックによって矯正することが可能となっています。

ただ、老眼の場合は通常のレーシックでは矯正困難であるため、老眼専用のレーシック手術を行う必要があります。

ちなみに、乱視の場合は適応範囲があり、メガネやコンタクトで矯正できる6Dまでならレーシックで矯正可能と言われています。

老眼とレーシック

通常のレーシックで老眼を矯正できない理由は、老眼と近視のメカニズムの違いにあります。

老眼とは、物を見る時に必要な水晶体の弾力性が失われ、ピントが合わせづらくなる症状のことです。

一方の近視とは、角膜と水晶体による光の屈折力が強すぎ、網膜に届く前に焦点を結んでしまうことから発生する症状です。

通常のレーシックは屈折異常を矯正することを目的としているため、屈折力が強すぎる近視については高い効果を発揮します。

しかし、水晶体そのものの弱体化が原因となる老眼については、根本的な治療につながらず、さほど効果を実感することができないのです。

老眼専用のレーシック

以上の理由により、長らくの間、老眼はレーシックで治療できないと言われてきました。

しかし、近年はレーシック技術の進歩により、老眼専用のレーシックが普及しはじめています

ここでは老眼専用の代表的なレーシックを2つ紹介します。

モノビジョンレーシック

エキシマレーザーで角膜の屈折率矯正を行い、意図的に左右の眼の度数を変える手術です。

見る距離によって左右の眼を使い分けることで、遠距離・近距離ともにある程度見えるようになります

ただ、眼の使い分けになれるまで1~3ヶ月の期間がかかるほか、片眼視によって物の立体感が低下するおそれがあります。

老視矯正レーシック

遠近両用の老眼コンタクトレンズの理論を応用した手術法です。

具体的には、レーザーで角膜の屈折率を部分的に変化させ、中心部分の焦点を遠距離に。外側の部分を近距離に合わせます。

モノビジョンレーシックに比べて視力の回復スピードが速く、人によっては術後すぐに視力を得られるところが特徴です。

ただ、老眼矯正レーシックはレーシック手術の中でも特に新しい方法であり、2007年時点では症例数は世界でも4000ほどにしか達していません。

また、瞳孔の大きさで見え方が異なったり、細かい文字を読む場合はメガネが必要になることがあります。

品川近視クリニック 公式HP

大好評!最大90000円の特典ありレーシック 。安心65万症例以上。
www.shinagawa-lasik.com

公式/SBC新宿近視クリニック

レーシック治療で失敗しない3つのコツ。 再手術無料保障
www.jpal.com

神奈川アイクリニック 公式

目の状態やライフスタイルに合った 安全なレーシックを安心価格で。
www.kanacli.net

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) レーシック手術ガイド※100以上の評判から失敗を避ける! All Rights Reserved.