レーシック手術の流れ

レーシック手術の人気眼科

レーシック手術は20~30分程度で終わるため、当日中に帰宅することができます。

レーシック手術TOP > 流れ

レーシック手術の流れ

レーシック手術は外科施術の一種ですが、入院する必要はなく、施術当日に帰宅することができます

また、手術時間も20~30分程度で終わるため、比較的体への負担が少ない手術と言えます。

ただ、手術後はクリニック内で少し休む必要があり、帰宅した後も目の保護や点眼などのケアを行う必要があるので、仕事などは休むようにしましょう。

以下では、レーシック手術のおおまかな流れをまとめてみました。

1.適応検査を受ける

手術とは別の日に、あらかじめ適応検査を受け、手術できるかどうか診断します。

ちなみに、日帰りレーシックの場合、適応検査と手術は同日に行われます。

2.洗浄・麻酔

手術当日は、まず眼球の洗浄を行い、さらに麻酔が施されます。

麻酔は一般的な注射ではなく、点眼で行われるため、痛みなどはありません

3.開眼・固定

手術台に寝かされた後は、専用の開眼器で眼を大きく開きます。

その後、眼を吸引し、位置を固定します。

このとき、人によっては多少痛みや気分の悪さを感じることがありますが、耐えられないほどひどいものではありません

4.フラップの作成

マイクロケラトームと呼ばれる超小型の金属刃により、フラップ(角膜で作るフタ)を作成します。

厚さは約150μほどで、スキルの高い医師ほどきれいなフラップを作ることができます。

このとき、細菌やホコリが入ると感染症などの原因となるため、施術は手術専用のクリーンルームで行われます。

5.レーザー照射

フラップをめくった後、エキシマレーザーで照射を行います。

このとき、患者は光の中心を見つめるよう指示されますが、レーザー照射はコンピューター制御されているため、多少ずれても追尾されます。

6.フラップを戻す

レーザー照射後、めくったフラップを元に戻してフタをします。

そのまま数分間放置していると、フラップは自然に接着するので、その後再び眼球を洗浄・消毒します。

7.休憩

手術が終わったら、別室で30分~1時間ほど休憩をとり、安静にします。

その後、医師によって手術の仕上がり具合を確認し、異常がなければ完了です。

術後は眼を保護するため、専用のメガネ(プロテクター)をつける必要があります。

また、術後すぐは視力が安定せず、眼に痛みを感じる可能性もあるので、できればどなたかに付き添ってもらった方がよいでしょう。

ひとりの場合は、車で帰宅するのは危険ですので、徒歩で来院するようにしましょう。

品川近視クリニック 公式HP

大好評!最大90000円の特典ありレーシック 。安心65万症例以上。
www.shinagawa-lasik.com

公式/SBC新宿近視クリニック

レーシック治療で失敗しない3つのコツ。 再手術無料保障
www.jpal.com

神奈川アイクリニック 公式

目の状態やライフスタイルに合った 安全なレーシックを安心価格で。
www.kanacli.net

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) レーシック手術ガイド※100以上の評判から失敗を避ける! All Rights Reserved.