レーシック手術後

レーシック手術の人気眼科

レーシック手術後は眼の状態や視界が不安定な状態にあるので、眼の保護やケアに注意する必要があります。

レーシック手術TOP > 手術後

レーシック手術後の注意点

レーシックは日帰り手術なので、手術後はしばらく休憩した後、そのまま帰宅することができます。

ただし、手術後の眼はとてもデリケートな状態になっているので、手術の当日~1ヶ月後くらいまでは眼の状態に注意しながら生活することになります。

特に術後1~2週間まではフラップが不安定な状態であり、場合によってはフラップにズレやしわが発生したり、細菌感染を引きおこすおそれがあります。

合併症が起こると、最悪の場合、再手術しなければならないこともありますので、十分注意して過ごしましょう。

また、手術後は専用メガネや点眼でケアを行うほか、クリニックで定期的に検診を受ける必要があります。術後の経過や異常の有無を確かめるための検診ですので、忘れずに受診するよう心がけましょう。

日常生活に戻るまで

レーシック手術後は徐々に日常生活に戻ることができますが、眼に負担がかかるような行為についてはある程度時間がかかります

たとえば洗顔や洗髪、化粧などについては術後数日~1週間程度で可能になります。ただし、アイメイクは術後1~2週間が目安です。

また、仕事に関しては、デスクワークなら数日後でも問題ありますが、眼を酷使するパソコン作業や、野外でのハードワークは1週間後が目安となります。

嗜好品については、喫煙は翌日からOKですが、飲酒は1週間後からとなります。

そして最も時間がかかるのが、激しいスポーツや車の運転です。野球やサッカーなどの球技や、水泳・サーフィンなどのマリンスポーツは眼に衝撃や負担をかけるおそれがあるので、1ヶ月後の定期検診後からはじめましょう。

車やバイクの運転については、回復後の視力に慣れてから行うのが無難です。特に夜間の運転は、視力が安定しないうちは危険ですので、避けるようにしましょう。

レーシック直後の状態

レーシックの手術経過には個人差があり、視力の回復具合や視界の状態はそれぞれ異なります

人によっては術後、休憩室で休んでいる間に改善が見られますが、場合によっては視界に白くもやがかかったように見えることもあります。

他にも、眼がゴロゴロする異物感や、夜間の光をまぶしく感じたり、光の周囲に輪が見えるなどのハロ・グレア現象を感じる場合もあります。

ただ、これらの症状は一時的なもので、ほとんどは数日~数ヶ月間でおさまります

また、視力についても人によって変動がありますが、術後1~3ヶ月程度で安定するので、あせらずゆっくり経過を見守るようにしましょう。

品川近視クリニック 公式HP

大好評!最大90000円の特典ありレーシック 。安心65万症例以上。
www.shinagawa-lasik.com

公式/SBC新宿近視クリニック

レーシック治療で失敗しない3つのコツ。 再手術無料保障
www.jpal.com

神奈川アイクリニック 公式

目の状態やライフスタイルに合った 安全なレーシックを安心価格で。
www.kanacli.net

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) レーシック手術ガイド※100以上の評判から失敗を避ける! All Rights Reserved.