レーシックとは

レーシック手術の人気眼科

レーシックとは、角膜にエキシマレーザーを照射することで視力を回復させる視力矯正手術のことです。

レーシック手術TOP > レーシック

レーシックとは?

レーシックとは、目の表面にある角膜にレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることで視力を矯正する角膜屈折矯正手術のひとつです。

レーシック(LASIK)は正式名称である『Laser in Situ Keratomileusis』の略で、直訳すると『本来の場所におさまったままの眼球にレーザー照射を施し、角膜を彫って整える』ことを指します。

1990年代にアメリカを中心に広く認知されるようになり、現在は日本国内の眼科でもレーシック手術を受けることが可能となっています。

レーシックの歴史

レーシックは、1990年にギリシャではじめて行われました。

その後、1995年にFDA(アメリカ食品医薬品局)がレーシックに使用するエキシマレーザーの使用認可を出したことから、1998年以降、代表的な屈折矯正手術として広く認識されるようになりました。

アメリカではすでに毎年100万人以上の患者が施術を受けており、近視の人間のおよそ1割がレーシックを受けていると言われています。

一方の日本では、2000年1月に当時の厚生省がエキシマレーザーの使用認可を出しており、現在は全国の眼科で施術を受けることが可能。

認可された当初は、施術を受ける患者は年間2万人程度にとどまっていましたが、2008年には年間40万人と大幅に増え、現在も増加傾向にあります。

レーシックのメリット・デメリット

レーシックの最大のメリットは、一度施術を受けると裸眼で生活できるところです。

メガネやコンタクトを使用する必要がなくなるので、手間が省けるのはもちろん、眼精疲労や感染症のリスクが減り、快適に過ごせるようになります。

ただ、一方でレーシックによる合併症リスクも懸念されており、目が乾く『ドライアイ』や、光をまぶしく感じる『ハロ・グレア現象』、視界が波打ったように見える『不正乱視』などの症状を起こす可能性があります。

いずれも時間の経過とともにおさまる傾向にありますが、症状が長引く場合は専門医を受診し、適切な治療を受ける必要があります。

品川近視クリニック 公式HP

大好評!最大90000円の特典ありレーシック 。安心65万症例以上。
www.shinagawa-lasik.com

公式/SBC新宿近視クリニック

レーシック治療で失敗しない3つのコツ。 再手術無料保障
www.jpal.com

神奈川アイクリニック 公式

目の状態やライフスタイルに合った 安全なレーシックを安心価格で。
www.kanacli.net

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) レーシック手術ガイド※100以上の評判から失敗を避ける! All Rights Reserved.