眼科専門医かどうか

レーシック手術の人気眼科

レーシック手術には合併症のリスクが存在するため、知識や経験に長けた眼科専門医のいるクリニックがおすすめです。

レーシック手術TOP > 眼科専門医

知識・経験豊富なクリニックを選ぼう

レーシックは比較的安全な手術と言われていますが、合併症などを引きおこすリスクはゼロとは言えません。

実際、国内のレーシック症例の中でも合併症を引きおこしたケースはいくつかあり、レーシック手術の問題点のひとつに数えられています。

合併症はほとんどの場合、時間の経過とともにおさまりますが、もし感染症などを発症した場合、適切な治療が必要となります。

また、手術の際、適応検査では確認できなかった眼病が認められた場合についても、迅速な処置が求められますので、知識や経験に長けた医師とクリニックを選ぶことが大切です。

眼科専門医を選ぼう

以上の理由から、日本眼科学会のガイドラインでは、眼科専門医によるレーシック手術が推奨されています。

眼科専門医とは、日本眼科学会が認定する眼科医のこと。眼科専門医になるには、医学部を卒業後、最低5年間の眼科研修を修了し、さらに日本眼科学会が行う専門医試験に合格する必要があります。

長年の研修と専門医試験をクリアした眼科専門医は眼に関する知識や経験が豊富であり、合併症やトラブルへの対処法にも長けていることから、より安全な手術を望むことができます。

眼科専門医は日本眼科学会の公式サイトで検索することができるので、クリニック選びの参考にしてみるとよいでしょう。

仕上がりにも影響

眼科専門医を選択するもうひとつのメリットは、質の高い手術を期待できるところです。

レーシックはコンピューター制御されたエキシマレーザーを利用しますが、レーザー照射前のフラップ作成は医師による手作業となります。

フラップ作成にはマイクロケラトームという超小型ナイフで角膜を削る必要があるため、技量不足の医師の場合、フラップにしわやズレが生じる可能性があります。

その点、眼科専門医は技術・経験とも豊富なので、一般的な眼科医よりも上手にフラップを作成することができます。

フラップの質は術後の見え方や視力の回復にも影響を与えますので、確かなスキルを持つ眼科専門医に担当してもらうのがベストといえるでしょう。

品川近視クリニック 公式HP

大好評!最大90000円の特典ありレーシック 。安心65万症例以上。
www.shinagawa-lasik.com

公式/SBC新宿近視クリニック

レーシック治療で失敗しない3つのコツ。 再手術無料保障
www.jpal.com

神奈川アイクリニック 公式

目の状態やライフスタイルに合った 安全なレーシックを安心価格で。
www.kanacli.net

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) レーシック手術ガイド※100以上の評判から失敗を避ける! All Rights Reserved.